FC2ブログ

生きもの

3カ月ほど絵をお休みしていました。
先々週くらいから再開し、アトリエにも復帰しました。
スズメ20140803


これは休会前に描いていたスズメです。
眼のある動物って、その描き方一つで表情ががらっと変わってしまうので難しいです。
描きがいもありますけどね。

チョウ20140803


こちらは途中で3か月放置していたもの。
やっと完成です。

植物から離れて、鳥と蝶を描いてみましたが、鳥と蝶の羽の美しさに魅了されました。
そして植物との共通点も多く発見できました。
特に蝶の羽と植物の葉っぱの造りって、驚くほど似ていることにびっくりしました。
スポンサーサイト



ハリエンジュ

そろそろ正月休みも終わりが近づいてきましたね。
怒涛の冬芽シリーズも今回でとりあえず終わりか?!

ハリエンジュ

冬芽

冬芽その四はクスノキ兄弟です。

こちらはクロモジです。
枝の緑色が印象的です。
枝には芳香があり、高級爪楊枝に使われます。
二次生長した側枝に特徴があります。
バンザイをしているような花芽がかわいいです。

クロモジ

よく似ていますが、こちらはアブラチャンです。
こちらも小さいけどバンザイしてます。

アブラチャン

あけましておめでとうございます

今年初アップは年末から書き続けている冬芽です。

今回はハクモクレンとコブシ。
さて、どちらがとっちでしょう?

これはハクモクレン。
早春に大きく真っ白い、芳香のある花を咲かせます。

ハクモクレン

こちらがコブシ。
これも白い花。
ハクモクレンよりは小さいです。つぼみの中に葉っぱが一枚入っているのが特徴と書いてあります。
そんなこと言われたら、誰だって見てみたくなりますよね。

コブシ

ということで、冬芽を解剖してみました。
外側の芽鱗は汚れて黒くなっていましたが、中にまだ着込んでいる毛皮のコートは金ぴかでとってもきれいです。
そして、確かに横に一枚の葉っぱがついていました。

コブシ1

で、もう少し剥いで行くと......

なんと!葉っぱは一枚ではなく二枚ありました。

これって発見?


コブシ2


トチノキ

冬芽第二弾はトチノキです。
トチノキのつぼみは樹脂で包まれており、水分の発散や急激な温度変化から中にある花や葉っぱを守っています。
このてかり感の表現がなかなか難しいです。

トチノキ2
プロフィール

とぼとぼ登山隊長

Author:とぼとぼ登山隊長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
電力使用状況&電気予報
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR