FC2ブログ

新宿御苑のヒマラヤシーダー

6/19(火)夜半から関東地方をおそった台風4号の雨と風がすごかったですね。
私は早めに帰宅しましたが、家は夕方から風で揺れていました。
さて、そんな台風一過の今日、かねてから休むと宣言していたので、雨なら雨で仕方ないなと思っていましたが、
思いがけない天気に恵まれ、のんびりと新宿御苑に行ってきました。

20120620DSC_2788.jpg

新宿門を入ってすぐ右側に見えるどっしりとしたヒマラヤシーダ。
名前は知らなくとも、新宿御苑に行かれたことがある方なら記憶にあるはず。
とっても存在感のある樹です。
今年大きな枝を落としてしまいましたが、まだまだ健在です。
昨年から新宿御苑では芝生の養生のため広い面積を立ち入り禁止にしていますが、
今日行ってみるとこのヒマラヤシーダの周りが立ち入り禁止になっていました。

ちょっとほっとしました。
これでしばらくこの樹は根を踏まれることがなくなります。
一昨年の猛暑と乾燥からかなりのダメージを受けたこのヒマラヤシーダですが、
やっと夏休みをもらえて、やれやれと思っているのではないでしょうか。

20120620DSC_2792.jpg

そして新宿御苑の中はやはりかなり枝が散乱している状況でした。
大きな木下を通る時にはちょっと上を見上げながら歩きました。

20120620DSC_2836.jpg

ここは外周から日本庭園に入る途中ですが、一本の太い樹が風で倒れ、近くにあった樹をすっぱりと袈裟切りにしている様子です。

20120620DSC_2837.jpg

これは日本庭園の上の池の橋の手前にあった寒桜です。
私が行ったときには既にぶつ切りにされてトラックに運ばれるところでした。
樹を見せてもらいましたが、確かに中に空洞ができており痛んでいたことがわかります。
でも早春にきれいな花を咲かせてくれていたのですが、今年も...

20120620DSC_2846.jpg

これも上の池の畔のイチヨウという八重桜です。
木の根もと、ちょっとわかり辛いかももしれませんが、根元からひっくり返っています。
見てみると根は15cmくらいしか地面に入っていませんでした。

20120620DSC_2850.jpg

そして最初に戻って、ヒマラヤシーダです。
枝の先に大きな松ぼっくりの子供が見えます。
これは去年受粉した雌花が大きくなったもので、今年の冬に向けて大きな松ぼっくりとして成長してゆきます。
そしてこの様子を見て、ピンっとひらめきました。
きっと風で落ちた枝にこの松ぼっくりの子供がついているものがあるに違いない。

20120620DSC_2882.jpg

場所柄、よく実をつけるヒマラヤシーダがどこにあるのかはわかっています。
早速その場所に行ってみると、やっと三番目の場所で見つけました。
「あったー!」と思わず声に出してしまいました。
隣には今年の冬に既に裂片を飛ばしてしまった松ぼっくりの芯の部分だけが残っています。

20120620DSC_2891.jpg

そして、もしかして雌花も残っているかもと思い探してみたところ.....

ありました。
ヒマラヤシーダの雄花はよく見かけますが、雌花は木の上の方にあり、小さいためなかなか見ることができません。
これが既に受精したと思われる雌花です。
この台風がなければ、来年の冬に大きくなって種を飛ばしているはずの雌花です。

20120620DSC_2896.jpg

こちらは中の池の近くのヒマラヤシーダです。
とっても多くの松ぼっくりをつける樹ですが、ここでは小枝一つ落ちていませんでした。
風の向きもあるのかもしれませんが、樹としての充実度も違うのかもしれません。

台風でたくさんの枝が折れ、樹も折れました。
たくさんの実が落ちました。
でもこれが自然です。
そしてこんなタイミングで私たちはより自然を多く知る機会を与えられるのだなと思いました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とぼとぼ登山隊長

Author:とぼとぼ登山隊長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
電力使用状況&電気予報
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR