FC2ブログ

早春の花 その2

またまた早春の花をお送りします。
2月の時よりも群落が大きくなり、花の数がすごく増えています。
今日は天気も良く、暖かかったので、ひとりのんびりといつもの秘密のエリアを探索しました。

ハコベ

ハコベが集まって咲いていました。
僕はこういった小さくて可憐な花に弱いようです。
厳しい冬をじっと耐えて、人知れず誰かを思っているような...

ムラサキハナナ

暫く行くとムラサキハナナの群落がありました。
この花にはこれ以外にも色々な名前が付いています。
ハナダイコン、ショカッサイ、オオアラセイトウなど。
僕はムラサキハナナという名前が一番似合うなあと思い、この名前を使っています。
春らしい花ですよね。

クサイチゴ

この春最初のクサイチゴです。
キイチゴの仲間。
イチゴをつまめるようになるのも、もうそれほど遠くの事ではないようですね。

ところで最近ちょっと気になるブログを見ました。
2月頃に花が咲いていることについて、「温暖化の影響」と書かれていました。
ここ数年、何でも「温暖化の影響」で片付けてしまうのを耳や目にします。
この言葉は便利な言葉で、簡単に思考を打ち切って話を終わりにすることが可能です。
でも、全てを温暖化で結論つけてしまうのはちょっと問題かなと思うんです。
子供を相手にしている場合は特に。
この花は何で今咲いているんだろう?もともといつ頃咲く花なんだろう?
日当たりがいいから早く咲いたのかなあ?この花だけが勘違いしたんだろうか?
他にも勘違いしている花はないかなあ?などなどと考えてみると面白いんじゃないかなと思いました。

トサミズキ

これはトサミズキの花。
太陽の日差しを通して、黄色い花が光っていました。

ハルニレ

これは何の花でしょう?
これが花?っていう感じもしますが、立派な花です。
よーく見なければわかりませんけどね。

ハルニレ

花の正体はこの樹です。
北海道に多く自生している樹、ハルニレ。
花がとても小さいので、枝がほんのりと紅色に染まる程度で、あまりハルニレの花が咲いているのに気が付く方はいないようです。写真でほのかに色づいているのがわかるでしょうか?
花が咲いた後は、今度は黄緑色をした種が一斉にできて、更にそれが全部散ってからやっと葉っぱが展開します。
このような花をつける樹木は、カツラやハナノキなどいくつかあり、僕はそんな植物の開花を見つけてはほくそえんでいるのであります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とぼとぼ登山隊長

Author:とぼとぼ登山隊長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
電力使用状況&電気予報
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR