FC2ブログ

尾瀬 その3 尾瀬ヶ原

今日は尾瀬ヶ原の植物を中心にご紹介します。

20110727ミズチドリ1

これはミズチドリ(水千鳥)。
小さい花なのですが、緑色の草の中で真っ白な花がひときわ目立ちます。
花の印象はハクサンチドリに似ていますが、色の白いは百難隠すって言うことでしょうか。

20110727ハッチョウトンボ

これは世界一小さいトンボ、ハッチョウトンボです。
たまたま視界に飛んで入ってきたのでわかりましたが、とまっていたらわからなかったと思います。
大きさが約2cm。
十円玉と同じくらいの大きさです。

20110727ヒツジグサ2

これはヒツジグサ(未草)。
葉っぱが羊の足跡に似ているからと言っていた人がいましたが、そうではないようです。
未の刻(午後二時)頃に咲くので、その名がついたとか。
実際には午前10時頃には咲き始めるようですが、いずれにしても植物としてはお寝坊さんと言っていいでしょうね。
花はハナビラが真っ白で、ハッとするほどきれいです。

20110727キンコウカ5

こちらはキンコウカ(金黄花)。
年によってはニッコウキスゲ以上に、湿原を真黄色にそめることもありますが、今年はそうではないようです。
花も美しいですが、秋の草紅葉の時の主役です。
まだ木々がみどりの時に、いち早く紅葉して湿原を紅葉に染める様は本当にきれいです。

20110727DSC_0183.jpg

尾瀬ヶ原といえば、シラカンバですよね。
景鶴山をバックに記念撮影。はいポーズ。

20110727ナガバモウセンゴケ

こちらはナガバノモウセンゴケ(長葉の毛氈苔)です。
ご存知、食虫植物のモウセンゴケです。
尾瀬は土壌に栄養分が少ないので、足らない分を虫から採取しようということでしょうね。
たくましいです。

20110727タカネアオヤギソウ

これはタカネアオヤギソウ(高嶺青柳草)。
とっても地味な花を咲かせます。
ムラサキタカネアオヤギソウが至仏山に自生していますが、こちらは尾瀬ヶ原に自生しており、すみわけをしているようです。

20110727トキソウ

これはトキソウ(朱鷺草)です。
これも小さいけど、よく目立つ花です。

20110727オオマルバノホロシ

あれ?! ワルナスビ?!
と思ってよく見ると、ちょっと違います。
トゲが無いし、花も何となく上品な感じ。
これはオオマルバノホロシ(大円葉白英)。
同じナス科なのでよく似てますね。
ナス科には有毒植物が多いようです。
これはどうなんでしょうか?
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とぼとぼ登山隊長

Author:とぼとぼ登山隊長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
電力使用状況&電気予報
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR