FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高尾山 晩秋の花

11月に入り高尾山の秋の花もラストランナーにバトンが渡ったようです。

20111107RIMG2334.jpg

この花はわかるでしょうか?
葉っぱの形に惑わされてしまうかもしれません。
これはヒイラギです。
かなり成長した樹ですが、このような樹の比較的下方に着く葉は全縁で、ヒイラギ特有のトゲがありません。
人間と同じように年齢を重ねると丸くなるということでしょうか。
必ずしもそうでない方もいらっしゃるようですが.....あっ、僕?

ヒイラギの花からはかすかですが、とても良い香りがします。
バラの香りに似ているといった人がいましたが、確かにそんな気がします。

ちなみにヒイラギは漢字では木編に冬と書きます(柊)。
春は椿(ツバキ)、夏は榎(エノキ)、秋は楸(ヒサギ)です。
ヒサギはあまりなじみがありませんね。
アカメガシワあるいはキササゲの古名だそうです。

20111107RIMG2360.jpg

こちらはアワコガネギク(泡黄金菊)。
キクタニギク(菊渓菊)ともいい、京都東山の菊渓に由来するようです。

20111107RIMG2349.jpg

いままでいくつかのハグマ(白熊)と名がつく仲間を紹介してきました。
花の咲く順番でいうと、カシワバハグマ、オクモミジハグマと続き、最後がキッコウハグマ。
カシワバやオクモミジに比べると、花も葉もかなり小さく、可憐な感じがします。
葉っぱが亀甲の形をしているところから名が付きました。

20111107RIMG2339.jpg

花のアップです。
小さな花ですが、アップで見るときれいですね。
確かにセクシーかも。

20111107RIMG2345.jpg

なんとこの小さな花に、アサギマダラが蜜を吸おうとのしかかって(?)きました。
茎が曲がり、羽が地面についてしまいそうです。
花が少なくなり、アサギマダラも渡りの前の最後のお食事でしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とぼとぼ登山隊長

Author:とぼとぼ登山隊長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
電力使用状況&電気予報
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。