FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図師小野路の里山

2月の森の自然倶楽部での観察会の場所は図師小野路・小山田緑地です。
多摩丘陵に残された谷戸をご紹介します。

20120107DSC_0271.jpg

日本の原風景と言える景色ですよね。
これは万松寺谷戸と呼ばれているところです。
図師小野路の谷戸は小さなものが多いですが、その中では比較的大きなほうだと思います。
冬の里山の風景っていいですよね。

20120107DSC_0252.jpg

こちらは図師の五反田谷戸です。
この谷戸は中央付近で二つに分かれていますが、ちょうどそのあたりです。

20120107DSC_0258.jpg

ここには樹齢200年といわれる桜の木があり、春には人気だそうです。
よく見ると桜に松が共生しています。
冬と春の主役の合体という感じでしょうか?
春になったらまた訪れたいものです。

20120107DSC_0292.jpg

こちらは小山田緑地に程近いところに位置する、奈良ばい谷戸です。
谷戸の入り口は結道と言われるバス通りに面していますが、入り口から少し入ったところに桑の木が結界として植えられています。
このあたりの谷戸ではこうして木を谷戸に並べるように配置しているようです。

20120107RIMG2659.jpg

藁ボッチができていました。
ここは結の里というNPOの方々が協力して維持をしています。
今日も梅の木の手入れをしていました(何で今頃?という気はしましたが)。

多摩ニュータウンをはじめとする都市開発から逃れて、今また耕作放棄の危機に直面しているこれらの谷戸ですが、こういった皆さんのおかげで懐かしく、気持ちの良い景色を味わうことができます。
こういった感動を、わかる方に是非お伝えしたいと思いました。
でもたくさんの方々が入ってしまうと色々な問題が出てきてしまいます。
何事にも「適当」が必要ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とぼとぼ登山隊長

Author:とぼとぼ登山隊長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
電力使用状況&電気予報
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。