スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またしても図師小野路

今日は図師小野路での野鳥観察会でした。
でも今年の冬鳥が少ない影響か、野鳥の影はとても少なく、オオタカ、ノスリ、ハイタカなどの猛禽がやたら眼に留まりました。

2012021220120212RIMG2888.jpg

万松寺谷戸をご紹介するのも3度目です。
田んぼの氷も大分薄くなり、どことなく真冬から早春への移行が始まりだした感じがしました。
残念ながら先週沢山見られたモズも今日は見られませんでした。

2012021220120212RIMG2907.jpg

でもこんなところには春の兆しが出始めていました。

2012021220120212RIMG2893.jpg

今日は特別に小野路にある旧家のお宅を見学させていただきました。
このお宅には樹齢500年もあろうかというスダジイの大木がお庭にあります。
昨年幹にひびが入り、大きな枝が小屋の屋根に落ちてしまいましたが、
こちらのご主人が鉄骨を組み上げて樹を守りました。
このスダジイには大きな洞があり、フクロウやムササビが住んでいるんだそうです。
ムササビ好きの僕にはなんともうらやましい環境です。

2012021220120212RIMG2900.jpg

この図師小野路周辺には鎌倉街道などの古道が多く設置されており、鎌倉時代に作られた街道は2メートルほど道を削って作られています。
つまり道の両脇に2メートルほどの壁があるわけですが、そこから縄文時代の土器が出土するそうです。
こちらはいままで出土した土器のかけらです。
今から約500年前のものです。
な・なんて無造作な・・・

2012021220120212RIMG2896.jpg

こちらのお宅の家紋です。
そう蝶紋。
かの平家の紋です。
なにやら由緒がありそうですねえ。

2012021220120212RIMG2905.jpg

ここからちょっと離れたところに沢山のヤドリギがあります。
よく見ると沢山の赤い実がついています。
もう少しするとヒレンジャク、キレンジャクを見ることができるでしょうか。
楽しみです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とぼとぼ登山隊長

Author:とぼとぼ登山隊長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
電力使用状況&電気予報
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。