スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏高尾の遅い春

さてさて、みなさん、
この行列は何でしょう?
これはこの時季だけにあらわれるあるものを写真に写そうとする人々の行列です。
それは何か?

ちょっと最後までお付き合いください。

20120311RIMG3141.jpg

今年はいつになく開花が遅れていることは、皆さんご承知の通りです。
今日は3/24に裏高尾で実施予定の観察会の下下見に行ってきました。

20120311RIMG3150.jpg

場所は木下沢(こげさわ)です。
沢沿いに歩いていっても、なかなか花にお目にかかりません。

で、こんなものに興味が行きます。
竜の髭あるいはジャノヒゲといわれる植物の実です。
真ん丸く大きくなって、紫色のとっても美しい光沢を帯びていました。

20120311RIMG3155.jpg

更に進むと、沢からの水の流れ道にカエルの卵がありました。
どっぷりとした寒天状のものに包まれて、中の黒い生命がピクピクって動くのがわかります。
これだけでなく、数個の卵の塊を見ることができました。
もうすこしでオタマジャクシも見ることができそうです。

20120311RIMG3157.jpg

これはフサザクラの冬芽です。
まだ実もついていましたが、春の開花に備えてプックラと冬芽を膨らませていました。
二週間後には花を咲かせてくれることは間違いないでしょう。

20120311RIMG3170.jpg

ネコノメソウです。
木下沢の沢沿いの道に顔を出し始めていました。

20120311RIMG3177.jpg

この沢沿いから、エッチラオッチラと1時間程度登った先がこちらの景信山です。
頂上はしっかり雪が積もっています。
10cmくらいでしょうか。

20120311RIMG3139.jpg

さてさて、最初の質問の答えは。


ハナネコノメ


でした。
そう、あのとっても可憐な春の妖精です。

まだ開花している株はわずかなため、そこに行列して写真を撮るという状態でした。
しかもまだ花は十分に開いてはいません。

しかし、しかし、しかし.....

私は知っています。
こんな行列をしなくても可憐なハナネコノメを見ることのできるところを。

興味のある方は是非こちらに
---->http://mori-nature-club.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-adc8.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とぼとぼ登山隊長

Author:とぼとぼ登山隊長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
電力使用状況&電気予報
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。